おかっぱりアングラーのための釣り情報サイト!釣果情報、おすすめの釣り具、釣り場などを発信中!

超簡単!小さなエギで楽しむ!岡山で人気のベイカ釣り!釣り方やコツを紹介!

Pocket

こんにちは!ぷくたくです。

エギングのターゲットといえば、アオリイカコウイカヤリイカなどを思い浮かべる方が多いと思います。

私が住んでいる岡山県でも、これらのイカをターゲットにしたエギングは盛んに行われており、釣りの中でも人気なジャンルのひとつです。


実はそれとは別に、もう一つのエギングがあるのをご存じですか?

5㎝ほどの小さなエギを使い、小型のイカ(ベイカ、ヒイカ、チイチイイカ、ミミイカなど)をターゲットとしたエギングがあり、秘かに人気を集めています!

ミニイカ用のエギとスッテ。小さくてかわいいです!

この記事では、小型のイカをターゲットとしたエギングのやり方、エギの動かし方のコツなどをご紹介していきます。

是非参考にしてみてください♪


岡山で有名なベイカ

私が住んでいる岡山では、『ベイカ』と呼ばれる小型のイカをターゲットにしています。

手軽に数釣りを楽しむことができ、シーズンになれば大人から子供まで大勢の人で漁港が賑わうこともあります。


以前、釣り場で一緒になったおじさんによると、一晩で150杯ほど釣ったこともあるそうです…(笑)

PUKUTAKU
PUKUTAKU

ちなみに、、、
私も一晩で100杯超えを達成したことが何度かあります!その時の詳細は下記からどうぞ♪

【岡山県倉敷市】ベイカエギングでまさかの大爆釣!極寒&雨は関係なし⁉(2021年12月中旬)釣果あり

そもそもベイカはジンドウイカの仲間の小形種で、日本では瀬戸内海(岡山・香川周辺)と有明海に生息しています。

瀬戸内海や有明海の特産といっても過言ではなく、岡山県では伝統的な四手網漁を使って獲ることからその風景が『夏の風物詩』と言われています。

ただし、実際は夏だけでなく春や冬のシーズンでもベイカを狙うことができます!

PUKUTAKU
PUKUTAKU

≪ベイカのシーズンをおさらい!≫

実はベイカは7月~8月の夏のシーズンだけでなく、11月~12月の冬シーズンや春頃も釣ることができます!夏に比べて11月~12月の方がサイズが良いですよ!


限られた地域でしか流通していないので全国に出回ることは少ないのですが、しょうゆ漬け(沖漬け)にしたり、丸ごと茹でで酢みそ和えにしたり、煮付けにしたり、塩ゆでして七味マヨにつけて食べたり…おつまみとしても楽しまれています!



ベイカエギング・仕掛け図

ここではベイカを狙う際の仕掛けについてご紹介いしていきます!

ロッドはメバル、アジ用のルアーロッドを使用します。


ラインは感度の高いPEラインの0.4号程度がおすすめです。

ただし、PEラインはスレに弱い為、リーダー(フロロカーボンの8lb)を忘れずにセットしましょう!


ベイカ釣りで使うエギ・スッテ

充電器と比べるとサイズ感がより分かります!

エギはミニイカ専用(1.5号~2.0号)のものを使用します。


同じサイズ(号数)のエギでも3種類の沈下速度で分けられています。それぞれの特徴をしっかりとおさえておきましょう!

  • ベーシック(通常)
  • シャロー(遅い)
  • ディープ(速い)

特にミニイカの場合、エギのカラーも大事ですが沈下速度も大事になってきます。


沈下速度が異なる3種類のエギを揃えておくと、それだけで3つの違ったアピールができるので釣果アップに繋がりますよ♪


スッテでヒットさせたベイカ

エギは単体で使用するのもいいですが、下記写真のようなアシストリグを使い、専用のスッテを装着するとダブルヒットが狙えます!

全長65㎝と短めなので操作性◎です!

私の経験上、エギとスッテに掛かる割合は半々くらいなので、スッテを付けておいた方が釣果は伸びると思います。


短めのロッド、細いライン、小さなエギを使用した仕掛けは全体的にコンパクトになっており、まさにアオリイカエギングのライト版いった感じですね。



エギの動かし方

釣り方は基本的にアオリイカやヤリイカを狙うエギングと同じです。

シャクリは手首を使ってちょんちょんと軽く行うイメージ。
  1. エギをキャストして狙うレンジまで沈める
  2. シャクリを3回入れてアピール
  3. フォール
  4. 2と3を繰り返す

ベイカを狙う際は竿先でちょんちょんと軽くシャクるのがポイント。

アタリは竿先に重みが乗ってくるので軽くアワセを入れます。(※力強くアワセると身切れの原因になるので注意!)


イカを掛けた後は、必ず一定のスピードでリールを巻くようにしましょう。

エギのカンナには返しが付いていない為、途中で巻くスピードを緩めるとイカがハリから外れてしまうことがあるので気を付けましょう!



釣果を伸ばすコツ

ベイカで釣果を伸ばすコツは広範囲を探ること。

トップ(水面)からボトム(底)はもちろん、沖や足元も忘れずチェックしましょう!(足元の岸壁にイカがついていることもありますよ!)


昼夜どちらも釣ることはできますが、圧倒的に夜間がおすすめ。

また、昼と夜では狙うポイントが異なります。


夜は常夜灯の明かりに集まってくるエサ(オキアミなど)を求め、イカも集まってくるので常夜灯周りがおすすめです。

ただし、エサを求めて広い層を遊泳するのでレンジがころころと変わり、状況によっては釣りにくいケースもあります。

日中はボトム(底)にべったりとついているので、ボトム(底)を重点的に探ると良いでしょう!



まとめ

いかがでしたか?

アオリイカなどの本格的なエギングとは違い、お手軽にできるのがミニイカ(ベイカ)釣りの良い点です!


しかも下処理が不要で、丸ごと食べることもできます!

塩茹でするだけでもめちゃくちゃ美味しいですよ!!

ベイカの塩ゆでと醤油バター焼き

瀬戸内海近辺にお住まいの方は、ぜひミニイカ(ベイカ)釣りにチャレンジしてみてください。


▼岡山県で狙う!コウイカおすすめポイント!

《2022年最新》厳選!岡山のコウイカ釣りおすすめポイント9選!

▼倉敷市・ベイカエギングでまさかの大爆釣!ハプニングも?(2021年12月釣果)

【岡山県倉敷市】ベイカエギングでまさかの大爆釣!極寒&雨は関係なし⁉(2021年12月中旬)釣果あり

▼「ナイトエギング」の魅力、釣り方のコツ、おすすめのエギをご紹介!

【ナイトエギング】見えないからこそ考えて釣る!釣れるコツとナイトエギングにおすすめのエギをご紹介!

▼安いエギでも釣れる?安いエギと高いエギの違いや使い分けについてご紹介!

安いエギでも釣れる?安いエギと高いエギの違いや使い分けについて徹底解説!

最後まで読んでいただきありがとうございました。