おかっぱりアングラーのための釣り情報サイト!釣果情報、おすすめの釣り具、釣り場などを発信中!

イイダコ釣りの基礎知識!身近な護岸から狙える!釣り方やコツを紹介!

Pocket

イイダコとは、マダコ科マダコ属に分類される小型のタコです。

釣れたイイダコは、塩ゆで、唐揚げ、煮付けなど、どんな料理でも美味しく食べられ、お酒のおつまみとしても最高ですよね!!


私が住んでいる岡山県でもイイダコ釣りは人気が高く、毎年夏の終わり~冬にかけて、多くの釣り場にイイダコを狙うアングラーが訪れます。

イイダコの釣り方はいたってシンプルで簡単!初心者の方でもはじめやすい釣りです。


この記事では、イイダコ釣りの釣り方や、仕掛けの動かし方などを紹介していきます!

是非参考にしてみてください。



生息地域・ポイント

イイダコの生息地は北海道南部~九州地方の沿岸地域。

水深が10~30m程の穏やかな内湾で、海底が砂泥になっていて岩が点在しているようなポイントを好みます。

普段は岩陰や貝殻の中など狭い場所に身を隠す習性があるので、まれに釣り針に引っかかった空き缶やゴミの隙間からイイダコがにゅるっと出てきてびっくりすることがあります(笑)



産卵時期

イイダコの産卵時期は冬から春。

秋になると求愛活動の為、浅場へ移動(接岸)してくるのでおかっぱりからも釣れるようになります。

例年9月頃~1月頃までがシーズンとなります。


地域によって接岸時期が異なりますが、私が住んでいる岡山県では早い所で8月後半から釣れ始める所もあります。

シーズン序盤は個体が小さいながらも数釣りが楽しめ、終盤にかけては数は減るものの良型のイイダコが釣れるようになります。



仕掛け図

イイダコはエギやスッテをキャストして狙います。

広範囲に探ることが釣果をあげるポイントなので、ある程度飛距離が出るロッドが必要です。

※イイダコ専用ロッドは無いので、エギングやシーバスロッドがおすすめです!


普段から釣りをされる方は、使用しているリールを代用すれば問題ありません。

これからリールを買う方は2500番がおすすめです。(このサイズのリールはエギングやシーバスとの相性も良いですよ!)


ラインはイイダコの小さなアタリを逃さない為にもPEライン(0.8~1.0号)を選びましょう。

イイダコ釣りはボトム(底)の釣りなので、根ズレ対策のリーダー(12lb程度)は必ずつけましょう!!





エギ・スッテ

エギやスッテはイイダコ専用のものもありますが、イカ釣り用のものでも代用可能です。

※オモリ(ナス型5号)を加えることで、ボトム(底)がとりやすくなり、飛距離もUPします。


仕掛けのカラーに迷ったらまずはアピール重視で選びましょう!

タコといえば、「赤」「白」「黄色」「ピンク」などが超定番のカラーです。


おすすめのルアーはコレ!

ここからは私がよく使うおすすめのルアーをご紹介します!


①DUEL『イイやん』

業界初のイイダコ専用スッテ!ラッキョウをイメージしたイイやんエアロボディがゆらゆらとイイダコを誘います!さらにラトル音と夜光カラーでアピール力抜群!


②ハヤブサ 『イイダコパルパルスッテ』

貝殻のようなつやつやのパール玉がイイダコに猛烈アピール!ダブル傘針を採用し、バラシの多いイイダコをしっかりキャッチしてくれます!


③DUEL『タコやん』

タコの大好物のエビにそっくりなリアルボディで誘惑!ボディが海底から浮く仕様になっているので根掛かりも軽減されます!



釣り方

広範囲へのキャストは周りに釣り人がいる場合は禁止!

イイダコは毎年同じ場所へ接岸するのでポイントを絞りやすいのが特徴です。

釣具店やネットなどで、イイダコの実績があるポイントを探してみましょう。


▼岡山県のイイダコ釣りおすすめポイントはこちら!

《2022年最新》厳選!岡山のイイダコ釣りおすすめポイント11選!

その中で釣果をあげるには、そのポイントで群れている場所を探すこと。

仕掛けを広範囲にキャストし、イイダコの居場所を探ってみましょう!


釣り方はコウイカエギングと同じように『ズル引き』が有効です。

仕掛けをボトム(底)まで沈め、“ズルズルとゆっくり巻いて止める”を繰り返すだけでOKです!


ズル引きでアタリが無い場合は、ちょんちょんと竿先を軽く動かし、アピールさせることも有効です。

※仕掛けのカラーを変えたり、動きを止める時間を長くするなど、その日のアタリパターンを見つけることが重要です!!


イイダコが仕掛けに抱きつくと抵抗が強くなり、ロッドに『重み』が伝わってきます。

※アタリはかなり分かりづらいので、少しでも違和感を感じたり、「重いかな?」と思ったらアワセを入れてみましょう!


イカの仕掛けと同様に、イイダコ専用のエギやスッテのハリにも”カエシ”がついていません。

イイダコがヒットしたらラインを緩めず、一定のスピードで巻くことでバラシを防ぐことができますよ!



イイダコはフタつきバケツがおすすめ!

吸盤を使って脱走します!

魚とは違い、タコは自慢の足と吸盤を使ってバケツやクーラーボックスの壁を簡単によじ登ります。

「気付いたら全部逃走していた!」なんてこともあるので、釣れたイイダコを入れておくにはフタつきの水汲みバケツがおすすめです!


フタつきの水汲みバケツだと逃げる心配もありませんし、そのまま水中に沈めておくことでスカリ(釣れた魚を生け捕りできる網)としても活用できますよ!

長時間の釣行だと時間が経つにつれ、はじめに釣れた魚の新鮮さが失われていきます。

釣れた魚を帰るギリギリまで活かしておくことも美味しくいただく秘訣ですよ!





まとめ

いかがでしたか?

ここまで『イイダコ釣りの基礎知識』についてお話ししました!


最後に、イイダコの釣果をあげるためのコツをまとめます!

  • 接岸する場所はほぼ同じ!実績のあるポイントに行く
  • 広範囲に探り、そのポイントで群れている場所を探す
  • ズル引きが基本!!
  • 釣れない場合はカラーや動きを変えてみる
  • 釣れたイイダコの逃走に注意!


興味のある方は、ぜひイイダコ釣りにチャレンジしてみてください。


▼玉野市のおすすめ釣りポイントはこちら!

《2022年版》厳選‼玉野市のおすすめ釣りポイント8選!

▼牛窓エリアのおすすめ釣りポイントはこちら!

《2022年版》厳選‼牛窓エリアのおすすめ釣りポイント8選

最後まで読んでいただきありがとうございました。