おかっぱりアングラーのための釣り情報サイト!釣果情報、おすすめの釣り具、釣り場などを発信中!

シーバスルアーといえばコレ!ホントに釣れる名作『ローリングベイト』の魅力、おすすめカラーをたっぷりご紹介!

Pocket

こんにちは!ぷくたくです。

シーバスのルアーって各メーカーからたくさん数えきれないほどたくさん出ていて正直どれが良いのかわからないですよね。


そんな時にまず手に取ってほしいおすすめのルアーが、タックルハウスから出ている『ローリングベイト』です。

このルアー、マジで釣れます。他のルアーと魚の反応が全然違います!


ルアーサイズ:55 カラー:SHチャート

これからシーバスを始めたいと思われている方こそおすすめです!

ローリングベイトを使うと、すぐに記念すべき一匹目と出会えますよ♪


私はローリングベイトの関係者でもなんでもないのですが、ローリングベイトが好きすぎてこの記事を書いています!(笑)

たっぷりとローリングベイトの魅力を紹介していきますね!

是非、参考にしてみてください。


ローリングベイトとは

ローリングベイトとは、『ミノーでもない、ジグでもない、バイブレーションでもない新ジャンル』としてタックルハウスから2001年に発売されたルアーです。

様々サイズが展開されている。腹側に表記があるので分かりやすい。

20年前のルアーなんですね…!


この20年間の間にも、ルアーアクション、アクションによって起きる水の波動、カラー、魚の生態など、様々な研究をもとに新しいルアーが開発されていますが、20年前のルアーが今なお愛されている理由は一つしかありません。


『釣れるから。』ということ!


とはいえ、変わった見た目ということもあり、「ホントに釣れるの?」と疑われている方も多いはず。

ここからは具体的なローリングベイトの特徴を見ていきましょう!



基本タダ巻きで釣れる

カラー:湾奥ベイト

ローリングベイトは基本タダ巻きで釣れます。


タダ巻きによるローリングアクション、ボディのフラッシング効果、微細な波動により、魚の食い気を誘います。

頭のリップにより、安定した泳ぎ姿勢とレンジをキープしながら魚にアピールします。

PUKUTAKU
PUKUTAKU

ゆっくり巻いたり、早巻きをしたりするとさらに効果的!


巻いていても手元に伝わる感覚はごくわずかなので不安に思うかもしれませんが、水中でローリングアクションによるフラッシングと波動を起こしているのでそれで大丈夫です!!


派手なアクションのルアーは魚にとってアピールにはなりますが、何度も使うとスレたり見切られる可能性があります。


ローリングベイトは程よいアピールによりベイトフィッシュの自然な泳ぎを演出してくれるので、魚に違和感を与えにくいのもメリットのひとつです。



おすすめのカラー

出典:TACKLEHOUSE

カラーバリエーションは非常に豊富です。

釣り場の状況、ベイトによってカラーを変えられるのは嬉しいですね!

カラーバリエーションが多いのでルアーボックスの半分がローリングベイトになっていますが、、、

そんな私が選ぶ、実績のあるおすすめカラーTOP3を発表します。


≪おすすめカラーTOP3≫

1位 レインボー

2位 SHチャート

3位 湾奥ベイト

です!


私がよくシーバスを狙っている場所が『①夜の河口②濁りがある場所』だからだと思います(笑)

ネットなどで紹介しているおすすめカラーの情報はあくまでも参考程度にして、大切なのは自分が釣れると思うカラーを選ぶことです。

コレだ!と思うカラーを選んで、さっそくローリングベイトを投げてみましょう!



ローリングベイトを実際に使ってみて

実際にローリングベイトを使って釣れた魚を一部ご紹介します。

キレイに撮れた写真のみを利用しているので、サイズについては触れないでください(笑)


シーバス(セイゴ含む)

※隣に危険なものが映っていますがさばいたわけではありません

↑サイズ:66 カラー:レインボー


セイゴが多い日は小さいサイズで遊んでいます。

↑サイズ:55 カラー:レインボー


取り込み後にフックが外れちゃいました。

↑サイズ:55 カラー:SHチャート


↑サイズ:55 カラー:SHチャート



シーバス以外の魚(ゲスト)

ローリングベイトで釣れるのはシーバスだけではありません。

いろいろなフィッシュイーターに効く万能ルアーです。

チヌ

シーバスがいる場所にはチヌもいる可能性が高いです。

↑サイズ:66 カラー:レインボー

▼チヌはカニや貝をかみ砕く固い歯があるので一瞬でルアーがボロボロになります…

レインボーの塗装がハゲハゲに…

マゴチ

良型のマゴチでした

↑サイズ:77 カラー:レインボー

型は小さいですが良いアタリでした

↑サイズ:77 カラー:SHチャート


サワラ

取り込み後にルアーが外れたので写真には映っていませんが、なかなかのサイズです

サイズ:77 カラー:レインボー

日本海側の岸から釣りあげたサワラです。

取り込み後にルアーが外れたので写真には映っていませんが、ローリングベイトでサゴシ・サワラは普通に釣れます!


ローリングアクションによるフラッシング効果が効いている証拠ですね。


その他には、ローリングベイトでメバル、アジ、カマス、バスを釣っている方もいらっしゃるようです。

PUKUTAKU
PUKUTAKU

まさに万能ルアーです!


エイ(おまけ)

気持ち悪いので遠目からの写真です。

ゴールドオレンジのローリングベイトを抱えたエイ。(もちろんスレ掛かりですが…w)



まとめ

  • タダ巻きだけで釣れる
  • 上部のリップにより、泳ぎ姿勢とレンジをキープしやすい
  • カラーバリエーションが豊富
  • シーバス以外にもいろんな魚が釣れてくれる

いかがでしたか?

ローリングベイトはタダ巻きだけなので初心者に優しく、いろんな魚が釣れるので新しいジャンルに挑戦しようと考えている方にもおすすめですね!


ぜひ新たな相棒としてルアーボックスに入れて頂けると嬉しいです!


▼シーバスに関するおすすめ記事はこちら!

シーバス・ヒラメ最強ルアー!ぶっ飛び君95Sの魅力・インプレをご紹介! 【ima ハニートラップ 70s】一度は使うべき!魅惑のS字アクション!その魅力をご紹介! 初めての1匹はコレで釣れ!おすすめのシーバスロッドをご紹介!【シーバスフィッシング初心者向け】

最後まで読んでいただきありがとうございました。