おかっぱりアングラーのための釣り情報サイト!釣果情報、おすすめの釣り具、釣り場などを発信中!

【トラブル続出】釣り場がなくなる?釣り場でのルールとマナーについて紹介

Pocket

こんにちは!ぷくたくです。

近年は新型コロナウイルスの影響もあり、生活様式はガラリと変わってしまいましたよね。

コンサートやライブ、試合観戦などはいまだに人数制限が設けられており、隣のお客さんと肩を組んで熱狂的に楽んでいるシーンははるか昔の事のように感じます。


そんな中、密を避けてできる遊び・趣味として『釣り』が再注目されています。

PUKUTAKU
PUKUTAKU

私が生活している岡山県でも、釣り場の人出が賑やかになっているのを感じます!


釣り人気が増えることはとても嬉しいことではあるのですが、それと同時にゴミのポイ捨てや近隣住民とのトラブルが発生するなど、釣り人のマナーが大きな問題となっています。


これから説明する内容は釣りを愛する皆さんにとってはすでにご存じの内容だと思います。

しかし、今一度釣り場でのルールとマナーについて見て頂ければ幸いです。



車は駐車場に停める

車を停める際は駐車場を利用しましょう。

気軽に行ける釣りのポイントに『漁港』があります。

漁港は私たち釣り人だけでなく、漁師の方や卸業者の方の出入りがあります。

この方々にとって漁港は職場になります。


皆さんの職場に知らない人が入ってきて車を停めていたらどう思いますか?

路肩や漁港内の決められた場所以外に駐車することは関係者の皆さんの邪魔をしていることになります。

車は必ず駐車場に停め、通行の妨げになるような車の停め方は絶対にやめましょう。



立ち入り禁止エリアには入らない

漁港によく置かれている網

『漁港』の多くは、立入禁止エリアが存在します。

そのエリア内では漁で使用する網の補修や天日干しなどを行ったり、次の漁で使用する道具を一時的に置いてあったりします。

そのエリアに侵入し、網に足を取られ転倒してしまったり、車で侵入し網をタイヤに絡めてしまうトラブルなどが発生しています!!


近年ではマナーの悪さから、立ち入り禁止のエリアが広がり、ある漁港ではすべての場所が『関係者以外立ち入り禁止』となってしまった事例もあるそうです。


釣り場にある注意喚起や看板を確認した上で竿出しを行いましょう。



漁船のそばでは釣りをしない

港に係留している漁船

漁船や漁具は、漁師にとっての商売道具です。

そばで釣りをすることで、漁船を係留しているロープに仕掛けを絡めてしまったり、オモリやハリで漁船を傷つけてしまったり。


自分の車を傷つけられるとムカつきますよね。


であれば、漁船や漁具のそばでの釣りは控えましょう。



大きな音を立てない

夜明け(日本海)

夜間や早朝は小さな音でもまわりに響きます。


大きな声で話したり、車のエンジンを付けっぱなしで待機する行為は、近隣住民との騒音トラブルにつながります。


車のドアの開閉音もかなり響くので注意しましょう。



夜釣りはライトで海を照らさない

夜釣り中に漁港で出会った猫

夜釣りにライトは必需品です。

夜間に釣りをする場合、安全のため必ずライトを持参しなければいけませんが、ライトで海を照らす行為は絶対にやってはいけません。


ライトの明かりで海を照らすと、魚が警戒し逃げてしまいます。


この行為は周りの釣り人から怒られても仕方のない行為です!


ルアーチェンジや針にエサを付ける場合は、必ず海と反対方向を向いて行いましょう。



釣り場で出たゴミは必ず持ち帰る

釣り場で出たゴミは必ず持って帰りましょう!

釣り場はペットボトルや弁当のトレイ、仕掛けやエサが入っているプラスチック製の袋などがよく落ちています。

釣り場は風が強いので、ゴミが飛ばされるケースがよくあります。

ゴミ袋は重いものに結び付けておくなど、対策をしっかりと行いましょう。


今、世界的に海洋ごみ問題が深刻化しています。

ゴミが増え続けることで海の生き物が減少していきます。当事者意識を忘れず、ゴミは必ず持ち帰りましょう。



隣との間隔を確保しよう

釣りは隣との間隔を十分に確保し行う必要があります。

自分の仕掛けと隣の仕掛けと絡めてしまうことを『おまつり』と呼びます。

『おまつり』を避けるためにも、10m程度の間隔が保てないなら竿出しは控えましょう。


先行者がいる場合は、一言挨拶をしましょう!

挨拶をすることで、万が一おまつりをした場合にも大きなトラブルは回避できるでしょう。


先行者がどんな釣りをしているのかの確認も忘れずに

フカセ釣りの横で重いルアーを何回もキャストすると、着水音で魚が警戒して食わなくなることもあります。

後からきた自分の釣りが先行者の邪魔にならないよう注意しましょう。



キャスト前は360°の安全確認を

電線に引っかかった仕掛け。

キャスト時に前方後方、左右の確認はもちろん、頭上にも注意が必要です。


漁港の常夜灯と繋がっている電線に、ルアーや仕掛けが絡んでいるのをよく目にします。


大切なルアーを絡めてしまうとかなりショックですよね…。

最悪の場合、停電や感電の恐れもあるので、頭上に電線がある場合の竿出しはやめましょう。



釣り場に持ち物を広げない

釣り場のスペースは限られています。

釣具を広げて置くことで、人が通りにくいだけでなく、釣具を踏まれてしまう可能性があります。

釣具を置く場所は最小限の範囲にし、人が通れるスペースを確保しましょう。



持ち帰る魚は最小限に。小さな魚はリリース

幼魚のリリースを啓蒙している看板

釣った魚は食べられる分だけ持ち帰り、小さな個体や必要以上の魚が釣れた場合は優しくリリースしてあげましょう。


地域によっては稚魚の放流をしている場所もあります。


海の資源を守るためにも、釣れた魚をむやみやたらと持ち帰るのはやめましょう。

お腹の大きい個体は抱卵している可能性大!

お腹の大きな個体は産卵間近の個体の可能性が高いです。

身近な釣りのターゲットになるカサゴでは、一度に3千~1万匹の稚魚を産むと言われています。

この中から成魚になる個体はごく僅かではありますが、海の資源を守るため、リリースをしてあげましょう。



まとめ

いかがでしたか。

私が住んでいる岡山県でも、近隣住民とのトラブルが原因で、県内有数の釣り公園『大畠釣り公園』が閉鎖される事例が発生しました。


釣り人全員のマナーが悪いわけではありませんが、ごく一部の人がルールやルールを守らないために私たち全員が周りから同じ目で見られてしまいます。


いつまでも大好きな釣りを楽しめるよう、今一度ルールとマナーの厳守をお願いします。


▼≪キス釣り入門≫キス釣りの基礎知識について学ぼう

【キス釣り入門】お手軽なキス釣り!仕掛け、釣り方など分かりやすく解説!

▼小さなエギで楽しむ!岡山で人気のベイカ釣りとは?

超簡単!小さなエギで楽しむ!岡山で人気のベイカ釣り!釣り方やコツを紹介!

▼サビキ釣りよりも大物が狙える遠投サビキとは?

サビキより大物を狙える遠投サビキ・投げサビキ(入門編)仕掛けや釣り方のコツを紹介

最後まで読んでいただきありがとうございました。