おかっぱりアングラーのための釣り情報サイト!釣果情報、おすすめの釣り具、釣り場などを発信中!

【しまなみ海道】向島のおすすめ釣りポイント 因島大橋下(向島側)

Pocket

向島と因島を結ぶ『因島大橋』。


因島大橋の橋脚周りに整備された護岸があり、そこから釣りをすることができます!

周囲は向島と因島の水道(通称:布刈瀬戸)なので、潮の流れが速いのが特徴。

おすすめのターゲットはアオリイカメバルママカリ、マダイチヌなど。

特にママカリの魚影が濃く、それらを捕食するシーバス青物(ハマチ、ヤズ )なども狙えますよ!

PUKUTAKU
PUKUTAKU

潮の流れを攻略できれば大物に出会えるチャンスが広がります!!


今回は尾道市向島町にある「因島大橋下(向島側)」についてご紹介していきます!



≪因島大橋下(向島側)≫ 釣り場情報

  • 中級者~上級者まで
  • ファミリーフィッシング △
  • 駐車スペース あり
  • 常夜灯 なし
  • 夜釣り 〇
  • トイレ なし
  • 自販機 なし
  • 最寄りのコンビニまで車で8分


≪因島大橋下(向島側)≫ できる釣り

  • 投げ釣り
  • ウキ釣り
  • フカセ釣り
  • サビキ釣り
  • サグリ釣り
  • ルアー釣り
  • イカ釣り


≪因島大橋下(向島側)≫ 狙えるターゲット

よく釣れる魚

チヌ、アオリイカ、メバル、カサゴ、ベラ、ママカリ、サヨリ、ハマチ、ヤズ

釣れる魚

ブリ、マダイ、シーバス、ウマヅラハギ、カレイ



≪因島大橋下(向島)≫ 釣り場解説

因島大橋下付近をGooglemapで見るとこんな感じ。

周辺は水道になっているのですが、橋付近の幅が最も狭いのが分かると思います!

かなり潮通しが良いのでその影響で狙える魚種が多く、良型のサイズも期待できるポイントとして知られています!

それでは釣り場の詳細を見ていきましょう!!



駐車スペースは狭め

道路脇に駐車スペースがあります!

スペースが限られており、多くても4台程度しか停めることができません。。



駐車スペース下はフカセ釣り好ポイント!

駐車スペースの下に降りると、写真のような岩場が広がっています。

周辺はフカセ釣りの好ポイントとして知られており、良型のチヌマダイが期待できます!

その他にもメバルアオリイカカサゴなどもよく釣れますよ!

PUKUTAKU
PUKUTAKU

海底は複雑な地形になっていて場所によっては根掛かりも多いポイントです。地形や潮の変化を攻略しなければいけないので、まさに「自分の実力を試せるポイント」といった感じです!



橋脚の下は車両進入禁止!

なお、駐車スペースの先にはこのようなフェンスが設置されています。

この先がメインの釣り場となる橋脚があるのですが、そこまでは歩いていく必要があります!

PUKUTAKU
PUKUTAKU

キャリーカートがあれば移動がラクなのでおすすめです!



メインの釣り場となる橋脚付近

メインの釣り場となる橋脚付近はこんな感じ。

整備されたキレイな護岸になっています!


さらに左奥に進んでいくと…



このようにスペースが広がっています!

護岸の後ろにも余裕があるので、ショアジギングや投げ釣りなどフルキャストが必要な釣りもやりやすいと思います!

PUKUTAKU
PUKUTAKU

壁が少し高めに設計されているので、気になる方は低めの三脚や踏み台などを準備しておくといいかもしれません。後ろのスペースは広めなので、荷物が多くても問題なさそうです♪



因島大橋のちょうど真下付近にはこのように護岸先に突き出たスペースがあります。

この写真を見ただけでも潮の早さが伝わると思います…!


注意

※過去にこのスペースで釣りをされていた方が転落し亡くなられた事故が発生しています。このスペースから釣りをする場合は磯靴とライフジャケットを必ず着用しましょう。



休憩スペース

橋脚と駐車スペースの中間付近にベンチがあります。

PUKUTAKU
PUKUTAKU

釣り場に一息つけるスペースがあるのはありがたいですね!



珍しいこんなものも…

付近には『魚介類供養塔』というものがあります。

初めてみたときは思わず足を止めてしまいました。

私たち釣り人は魚の命を頂いていることを再認識し、改めて自然に感謝しなければいけませんね…!


気になった方は是非訪れてみてください!

以上、尾道市向島町にある『因島大橋下(向島側)』の釣り場紹介でした!



▼向島・因島のおすすめ釣りポイントはこちら!

【しまなみ海道】厳選‼向島・因島のおすすめ釣りポイント8選!《2022年版》

▼DUELの最高傑作『パタパタ』特徴と魅力をご紹介!

デュエルの最高傑作『パタパタ』このエギで爆釣する理由は〇〇だった!特徴や魅力をご紹介!

▼魚種制限解除⁉驚異のルアー「メタルマル」とは?

【魚種限定解除】メタルマルのみで挑むショアジギ・山陰方面(2021年5月8日)釣果あり

▼シーバス&ヒラメ最強ルアー!ぶっ飛び君95Sの魅力をご紹介!

シーバス・ヒラメ最強ルアー!ぶっ飛び君95Sの魅力・インプレをご紹介!

最後まで読んでいただきありがとうございました。